06/16
2024
Sun
旧暦:5月11日 先負 辛 
社会・全般
2021年12月16日(木)9:00

残業、月80時間超48人/教職員の働き方改革求める

池城氏/市議会12月定例会一般質問

 

教職員の残業時間について質問する池城氏=15日、市議会議場

教職員の残業時間について質問する池城氏=15日、市議会議場

教育部の上地昭人部長は15日、市議会12月定例会一般質問の池城健氏の質問に対し、市の教職員の残業時間について、月80時間を超えている人が9~11月の3カ月で48人、そのうち月100時間を超えた人は16人いたことを明らかにした。池城氏は「100時間は過労死寸前の時間」と指摘し、教職員の働き方改革を求めた。

市教育委員会は9月から学校現場に出退勤システムを本格導入し残業時間を把握している。

池城氏からの質問に上地部長は、月の残業時間が80時間を超えた教職員数は9月が7人、10月は24人、11月は17人。100時間を超えた人数は9月が3人、10月は6人、11月は7人だったことを説明した。

長時間残業を行う教職員がこれだけいる現状に対する対応を池城氏がただすと、大城裕子教育長は「長時間勤務の要因となっている教職員の過剰な業務量の軽減に向けて、学校と共に解決策を考えて取り組んでいきたい」との考えを示した。

池城氏は懸念事項として、残業時間を増やさないため休日出勤を記録しないという事態が生じることを挙げ「実際より短い虚偽の時間を残すこと、残させることはあってはならない。学校管理職と連携して正確な勤務時間の把握と対応をお願いしたい」と要請した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!