02/21
2024
Wed
旧暦:1月12日 赤口 乙 
社会・全般
2021年12月26日(日)9:00

観光客から「協力金」/保良自治会

東平安名崎の保全に充当/宮古では初の取り組み

 

協力金制度の運用を報告する保良自治会の役員ら。手前にあるのが納入機器=25日、東平安名崎

協力金制度の運用を報告する保良自治会の役員ら。手前にあるのが納入機器=25日、東平安名崎

城辺の保良自治会(砂川春美会長)は21日から、東平安名崎を訪れた観光客に「入場協力金」を求める自治会独自の制度を開始した。支払いは任意で300円以上。市や国の許可を得て、納入機器とプレハブ小屋を設置した。集まった協力金は漂着ごみの清掃活動など同岬の整備・保護・保全の費用に充てる。自治会としては市内初の取り組み。

自治会役員らが25日、会見を開き、運用開始を報告した。来年1月18日には、オープニングセレモニーを開催する予定。砂川会長は「清掃活動のため、任意で協力を求めている。観光地のモデルケースになればうれしい」と期待した。

清掃活動以外にも天然記念物「テンノウメ」の群生地の保護や、1・8㌔に渡る道路両側にテッポウユリの植栽にも取り組む。マムヤの墓の保全や御嶽(うたき)の整備も実施する。

運用には当たっては、久高島や屋久島(鹿児島県)での協力金制度に携わる「テクノ・スクエア」と業務提携した。協力金は同社が管理し、清掃費用などを出すほか、利益の一部は自治会に納める。

協力金は現金だけでなく、QRコード決済にも対応。機器は駐車場から灯台に向かう入り口に設置されている。来訪者の75%が納入することを見込んでおり、21、22の2日間だけで約8万円が納入されたという。

保良漁港の海岸は、冬場に漂着ごみが多い地域。清掃活動は主に地元住民が行い、雇用や経済活性化につなげたい考え。

同岬はススキやアダンの繁殖が拡大し、見晴らしの良い景観が変わり、テンノウメの群生地も浸食されているという。今後、国の許可を得た上で、枝の切り落としなどを進める。

保良自治会は、7月に座喜味市長に協力を要請。座喜味市長は「試行的、モデル的に実施してみたらどうか」と理解を示していた。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

2023年12月15日(金)13:07
13:07

【宮古島スイーツ】cafe nuisで至福なひととき!

  【宮古島スイーツ特集】 #宮古島 には #スイーツ がいっぱい!探して見つけてハッピーに♪ #宮古毎日新聞 のホームページで 宮古島内のスイーツを紹介する特集コーナー!   記者が実際に店舗を訪ね、イチオシスイーツの魅力を聞きました! …

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!