09/29
2022
Thu
旧暦:9月4日 赤口 乙 
社会・全般
2022年1月13日(木)8:59

DMO移行へ申請案確認/観光協戦略委

繁閑差縮小で意見交換も

宮古島観光協会戦略委員会(小堀健一委員長)の2021年度第3回が12日、オンライン形式で開催された。観光協会を「観光地域づくり法人(DMO)」の候補法人へ移行させるための申請書案を確認したほか、「繁閑差縮小に向けた取り組み」をテーマとしたフリーディスカッションも行われた。

DMOとは「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりのかじ取り役となる法人。同委員会では観光協会を2022年度からDMOの候補法人、25年度からは登録法人とすることなどを目指して取り組みを行っている。

候補法人申請書案では、観光のターゲット層について第1ターゲット層を「自然環境の保全・再生、島の持続性に対する感度の高い首都圏の20~30代女性」に設定。第2は「首都圏在住の50~60代の夫婦」、第3は「国内の修学旅行と学生・実業団等のスポーツ合宿」、第4は「東アジアの中間層」としている。

委員会では小堀委員長が申請書内容を紹介するとともに、21日に申請を行うこと、観光協会の定款改定を行い設置目的を現在の「誘客」から「観光で宮古島を豊かにすること」に変更することなどを説明した。

フリーディスカッションでは、新型コロナウイルス発生前の17年度、18年度の実績から、夏の繁忙期の観光客数を100とした場合、冬の閑散期は40~50にとどまっていることを確認した上で、閑散期の誘客について意見を交わした。参加者からは大人を対象とした農家民泊、野鳥観察などの自然体験、宮古島産の食材を使った食のイベントなどの案が挙がった。

自然環境、6次産業化、情報統括の3分科会による報告も行われ、各分科会長が取り組みの進捗(しんちょく)や課題、今後の予定などを説明した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!