05/29
2024
Wed
旧暦:4月21日 赤口 壬 
産業・経済
2022年1月20日(木)9:00

初競り 高値スタート/22年肉用牛

子牛価格は75万円/総販売額3億400万円

 

子牛平均価格が75万円の高値が付いた肉用牛初競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

子牛平均価格が75万円の高値が付いた肉用牛初競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

JAおきなわ宮古家畜市場の2022年初競りが19日行われ、子牛1頭平均価格は前月比5万1023円高の74万9557円の高値が付いた。成牛を含む全体の販売額は3億441万円と大商い。22年の肉用牛初競りは、好調なスタートを切った。(9面に関連)

初競りは午前9時過ぎに始まった。1番牛に121万7000円の高値が付くと、市場は大きな歓声と拍手で沸いた。2番牛、3番牛、4番牛も100万円を超えた。

その後の競り値も高値で推移。100万円を超える牛は計7頭となった。

初競りに上場された子牛は390頭で、すべての取引が成立した。平均体重は280㌔だった。

性別の1頭平均価格は去勢が前月比5万4312円高の80万2342円、雌は同比3万5682円高の65万974円。最高価格は去勢の138万6000円。

平均キロ単価は去勢が前月と比べて47円高い2768円、雌が同比80円高の2492円となり、それぞれ高い値が付いた。

成牛を含む上場頭数は429頭で取引成立頭数は428頭だった。取引成立率は99・77%。1頭平均価格は71万1258円、平均キロ単価は2389円。

JAおきなわ宮古地区畜産振興センターの下地隆弘センター長は「前月に比べ5万4000円以上の高値でとても良いスタートが切れた。新型コロナの影響でどうなるかと思ったが一安心。初競りは良い牛が多かった。血統や状態もよかったことがこの販売額につながった」と話した。

また、「昨年は枝肉の相場が安定していたが、今年もそうなればと思う。全国的にも子牛が不足している状況などを踏まえて、平均70万円台で推移していければと思う」と期待を寄せた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!