10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
農林・水産業
2022年2月4日(金)8:59

キビ平均糖度15度超

操業中盤 ほぼ基準帯上回る

 

今期の製糖操業は最高の品質で推移している=3日、沖縄製糖

今期の製糖操業は最高の品質で推移している=3日、沖縄製糖

昨年12月中旬に開始した島内2工場(沖縄製糖、宮古製糖城辺工場)の2021-22年産サトウキビの製糖操業は中盤を迎えている。これまで搬入された原料(キビ)の糖度は、ほぼすべてが基準帯以上で推移している。操業開始から2日までの平均糖度は沖糖が15・23度、宮糖は15・69度と最高の出来。搬入された原料のほとんどが基準帯以上だ。当初、操業終了は3月中旬を見込んでいたが、年明け後、天候が崩れ気味で原料搬入が鈍化しており、同下旬あるいは4月までずれ込む可能性がある。

今期は沖糖が12月13日、宮糖は同10日から操業を開始。そろって年内操業に入った。

沖糖は今月2日までに当初生産見込み量の約5割、7万3146㌧を搬入。うち基準糖度帯(13・1~14・3度)が20・03%、基準以上(14・4度以上)が78・55%、基準以下(13・0度以下)が1・42%、平均糖度は15・23度。

宮糖も約半分の6万1737㌧を搬入。うち基準糖度帯が8・38%、基準以上が91・07%、基準以下が0・55%、平均糖度は15・69度と好調だ。

今期の当初生産見込み量は沖糖が14万6800㌧、宮糖が13万90㌧。両工場とも操業の折り返し時期を迎えている。前半を振り返りながら、工場は「15度以上で上々だが、天気が晴れれば、糖度はもっと上がる」と天候回復に期待している。

宮糖は伊良部工場が12月1日、多良間工場が同2日から操業している。今期は管内4工場で37万4000㌧の生産量を見込んでいる。

 

☆関連記事 ハーベスター申請94%/サトウキビの機械刈り(2022年1月15日配信)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!