02/23
2024
Fri
旧暦:1月13日 先勝 丙 
社会・全般
2022年3月3日(木)8:59

酒気帯び状態確認義務化/改正道交法

各事業所で4月1日から

 

改正道路交通法施行規則の施行を周知するチラシ

改正道路交通法施行規則の施行を周知するチラシ

飲酒運転根絶の取り組み強化として、4月1日から改正道路交通法施行規則が施行され、各事業所で選任された安全運転管理者によって社用車などを運転する運転者の酒気帯びの有無や状態確認、記録の保存などが義務化される。警察庁や沖縄県警はホームページなどで周知を図っており、宮古島警察署では「不明な点は問い合わせを」と呼び掛けている。

乗車定員が11人以上の自動車一台以上保有か自動車5台以上を保有している事業者は自動車の安全な運転に必要な業務を行うものとして、「安全運転管理者」の選任が必須。同署によると宮古島市では175事業所が届け出ているという。

業務中の飲酒運転による行政処分や罰則は代表者や運行管理責任者などの企業内の責任者も5年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科される可能性もある。

4月から事業所などでの飲酒運転根絶の取り組みとして改正道交法が施行し、社用車を運転する運転者に対し、目視での状態確認だが、10月からは同管理者がアルコール検知器を用いて酒気帯びの有無を確認することが義務化される。

同署では「同制度に関する不明な点は沖縄県警のホームページを見るか宮古島署に問い合わせてほしい」と呼び掛けている。

問い合わせは同署(72・0110)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年2月22日(木)8:59
8:59

市に地域創生金賞/楽天トラベルアワード

市長「知名度さらに」/2宿泊施設も高評価   楽天グループが運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」はこのほど、国内の登録宿泊施設や自治体を表彰する「楽天トラベルアワード2023」を発表した。宮古島市が「楽天トラベル地域創生賞ゴールドアワード」を受賞…

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!