10/06
2022
Thu
旧暦:9月11日 先勝 壬 
社会・全般
2022年4月3日(日)9:00

津波よけ、豊年願う/城辺砂川

女性がダディフ立て/上比屋山で祭祀「ナーパイ」

 

ダディフを手に海岸に向かう女性たち=2日、城辺砂川の上比屋山

ダディフを手に海岸に向かう女性たち=2日、城辺砂川の上比屋山

城辺砂川の上比屋山(ウイピャーヤマ)で2日、津波よけの伝統祭祀(さいし)「ナーパイ(縄を張る)」が行われた。地元住民らが参加し、災害のない実り多い豊年を祈願した。女性たちが、竹の一種ダディフ(和名・ダンチク)を海と陸の境界に立てて回り、津波の浸入を防いでくれるよう祈った。

女性たちは、上比屋山の頂上部にあるマイウイピャームトゥの祭場に集まり、ナーパイ・アーグ(歌)などを唱えた。その後、一列になって山を下り、ダディフを道のそばに差し立てて、波がこの境界まで上がってこないよう願いを込めた。

海が近付くとクイチャーを奉納。輪になって踊り、津波よけと同時に五穀豊穣(ほうじょう)への祈りを捧げた。

男性たちはマイウイピャームトゥに残り、歌いながら船こぎの模倣儀礼をささげ、津波の被害が発生しないように願った。

祭祀を執行した、うるか自治会の池原孝記会長は「ナーパイは一番大事な行事。屋根のふき替え作業が間に合い、うれしく思う。参加する人が減っているので、後継者不足が大きな課題。絶えさせないためにも考えなければならない」と話した。

ナーパイは毎年旧暦3月の最初の酉(とり)の日に行われる。起源ははっきりしていないが、1771年の明和の大津波より前からあったという説もある。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!