05/29
2024
Wed
旧暦:4月21日 赤口 壬 
社会・全般
2022年6月4日(土)8:59

3年ぶりに契約金額増/市シルバー人材センター

事業収益1億2500万円に/21年度実績を総会で承認

 

21年度実績などを可決した市シルバー人材センターの定時総会=3日、市未来創造センター多目的ホール

21年度実績などを可決した市シルバー人材センターの定時総会=3日、市未来創造センター多目的ホール

市シルバー人材センター(川満勝彦理事長)の2022年度定時総会が3日、市未来創造センター多目的ホールで開かれた。21年度実績は契約事業収益が534万円増の1億2534万円となり、3年ぶりに増加に転じた。今年度は設立30周年を迎え、10月に記念式典を予定している。

21年度の会員数は、前年度比18人増の361人で、就業率は同1・7上がり51・8%。受注件数は83件減の910件、就業延べ人数は同171人減の1万7688人だった。

22年度の数値目標として、会員数は409人、就業率は65%、就業延べ人数は1万9500人、受注契約額は1億3450万円を掲げている。

川満理事長は「経済活力を維持するため、高齢者の知識や能力活用が必要になる。意欲と能力に応じて働ける社会の構築のため、一翼を担いたい。人材センターの役割はますます重要となる」と語った。

設立30周年を迎えることについて「さらなる発展のために、会員と役職員が一丸となり活動したい。会員が働きやすい環境づくり、地域住民のニーズに即応し、地域社会に貢献する人材センターを目指す」と意気込みを語った。

総会では、21年度事業報告など3議案が原案通り可決。理事会で承認された22年度事業計画などが報告された。

今回の総会は、密を避けるために来賓の招待を控えたほか、少人数での開催となった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!