06/16
2024
Sun
旧暦:5月11日 先負 辛 
社会・全般
2022年6月14日(火)8:59

「地域の学校」再認識/平良中

創立70周年式典を挙行/さらなる飛躍、発展祈念

 

関係者が集いさらなる飛躍、発展を祈念した創立70周年記念式典=12日、平良中体育館

関係者が集いさらなる飛躍、発展を祈念した創立70周年記念式典=12日、平良中体育館

平良中学校創立70周年記念式典(主催・記念事業期成会)が12日、同校体育館で行われた。関係者が集い、これまでの歴史を振り返りながらさらなる飛躍、発展を祈念した。主催者を代表して佐平博昭会長は、地域社会と密接に結びつく「地域の学校」を再認識するとともに引き続き支援と協力を求めた。

同校は1952(昭和27)年9月27日に創立。これまでに2万365人の卒業生を送り出している。

式典には、歴代校長やPTA会長ら関係者が出席。まず始めに、同校吹奏楽部の演奏で全員で校歌を斉唱した。

期成会の佐平会長は式辞で「創立以来70年、宮古を代表する学校として、輝かしい歴史と伝統を築いてきた」と強調。その上で「卒業生たちが、社会に大きく貢献していることは誇りであり、後輩たちの励みとなっている」と述べ、記念事業を成功させ次世代へつないでいくとした。

第22代校長の宮國幸夫氏は「文武両道の精神の下、全国、九州、県大会で顕著な成績を維持発展させている。今後も教育になお一層の努力を重ねて参りたい」と式辞を述べた。

PTAの下地竹則会長は「学校、家庭、地域が一体となって、子供たちを見守り、支え続けていくことが必要であり大切な役割だと考えている」と決意を示した。

生徒会の長濱智佳会長は「先輩方が築いてきた伝統を受け継ぎ、在校生509人が心を一つにし、県下に誇れる平良中を目指して頑張っていく」と誓った。

大城裕子市教育長、宮城克典宮古教育事務所長がそれぞれ祝辞を述べた。

式典では、歴代学校長やPTA会長、物品寄贈・協力者、高額寄付者(個人、企業、団体など)に感謝状が贈られた。

式典は2020年に計画され、昨年12月に準備委員会を設立、今年2月に設立総会を開き開催にこぎ着けた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!