08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
イベント
2022年7月11日(月)8:59

市長賞に渡真利さん/みゃ~く方言大会

弁士6人、愉快に発表

 

最高賞の市長賞に輝いた渡真利朗男さん

最高賞の市長賞に輝いた渡真利朗男さん

宮古方言を語り継ぐ、第27回「鳴りとぅゆん(鳴り響く)みゃ~く(宮古)方言大会」(主催・市文化協会)が10日、マティダ市民劇場で行われ、6人の弁士が身近な話題を軽快な宮古フツで愉快に発表し、観客を大いに沸かせた。会場には多くの市民らが足を運び、3年ぶりの開催を楽しんだ。審査の結果、市長賞(最優秀賞)には、渡真利朗男さん(69)=下地与那覇=が輝いた。

方言大会は、「みゃ~くふつ」の豊かさを共有し継承することを目的にしている。今回は、50代から70代まで計6人の弁士がそれぞれの身近な出来事をユーモアたっぷりに発表した。

観客は、流ちょうな宮古方言で語られるユーモアたっぷりの話題に次第に引き込まれ、時には爆笑しながら宮古方言の魅力を再確認していた。

市長賞に選出された渡真利さんは、「ことわざんきゃーんとぅんなま(昔と今)」という演題で発表。食事に関する奥さんとのやりとりについて面白おかしく紹介し、「昔と今は逆転している」とぼやいて会場の笑いを誘った。

「子どもの頃は方言札獲得チャンピオンだった」という渡真利さんは、「方言に自信はあったが、物語にするのは自信が無かった。会場の協力もあって受賞できた」と喜んだ。

結果は次の通り。(敬称略)

市長賞=渡真利朗男▽教育長賞=来間玄次▽文化協会長賞=下地朝盛▽奨励賞=伊志嶺功、狩俣恵吉、邊土名清志


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!