08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
産業・経済
2022年7月12日(火)8:59

21年度、1万400枚種付け/来間株モズク

計画を大きく上回る/栽培漁業推進協で事業報告

 

来間株の実績などが報告された=11日、市役所

来間株の実績などが報告された=11日、市役所

宮古地区栽培漁業推進協議会の2022年度会議が11日、市役所で開かれた。21年度の事業報告と決算、22年度の事業計画案と予算案などが審議され承認された。21年度は、オキナワモズクのいわゆる来間株の種付けが7500枚の計画を大きく上回る1万418枚だったことなどが報告された。今年度計画でも7500枚を予定している。

収量増が見込める来間株は水槽増設で利用者が増加したことから、計画種付け枚数が計画を大きく上回った。ヒメジャコは11万6600個を生産し、4万2000個を譲渡。前年度に大量生産に成功したため、再現性を確認するための試験生産で、種苗生産方法の改良で従来より安定した生産が可能になったという。

シラヒゲウニは新型コロナウイルス感染拡大に伴い県栽培漁業センターへ種苗を購入に出向くことができず実績はなかった。

22年度はシラヒゲウニ6万個、ヒメジャコ10万個、シャコガイ類10万個、オキナワモズク(来間株)7500枚の生産を計画している。予算は前年度比11万2000増の410万1000円とした。

座喜味一幸市長は「来間株がブランド化に向けて大きなうねりとなっている。シャコガイも成功している。一括交付金を活用した展開も必要だと考えている」などと話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!