04/15
2024
Mon
旧暦:3月7日 先負 己 
産業・経済
2022年8月30日(火)8:59

雨不足でキビ畑にかん水/多良間

晴れ続きで申し込み多数

 

トラックから畑に向けて勢いよく水がまかれた=27日、字仲筋

トラックから畑に向けて勢いよく水がまかれた=27日、字仲筋

【多良間】まとまった雨が降らず、サトウキビへの影響が懸念される中、村ではかん水作業が行われている。27日にはトラック組合のトラックが、何度もため池と畑の間を往復してかん水作業を行った。

 

村のかん水事業は19日から始まっているが、一時雨が降るなどして中断していたこともあり農家からの申し込みが鈍かったが、ここ数日間の晴れ続きで、農家から30件ほどの申し込みがあったという。農家負担は1台当たり1500円。

村内で特に干ばつが見られるのは字塩川のクツバル地区で、サトウキビが立ち枯れしている畑も見られる。村トラック組合の10トントラックが1日何回も、水をため池からくみ上げ、申し込みのあった農家の畑にかん水作業を行っていた。

村の担当者は「農家からの要望があればまだ受け付ける。池の水にも限りがあるので雨が少しでも降ることを期待しながら、かん水作業は行っていく」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!