05/28
2024
Tue
旧暦:4月21日 赤口 壬 
社会・全般
2022年8月31日(水)8:59

万一に備え防災意識高める/JA地区青壮年部が講習会

「防災週間」初日に開催

 

西銘さん(右)の講話を聴き入る会員ら=30日、JAおきなわ宮古地区本部

西銘さん(右)の講話を聴き入る会員ら=30日、JAおきなわ宮古地区本部

8月30日から9月5日は「防災週間」。JAおきなわ宮古地区青壮年部(宮平浩幸部長)はその初日となる30日、防災講習会をJAおきなわ宮古地区本部で開いた。会員らの防災意識を高め、万が一の事態に備えることを目的に初めて開催された。会員ら約20人が参加し、真剣な表情で聴き入っていた。

講師には宮古島地方気象台南海トラフ防災官の西銘司さん、市防災危機管理課課長補佐兼係長の仲地一政さんが招かれた。

西銘さんは「宮古島で想定される災害(地震編)」をテーマに、地震や津波が発生する仕組みなどを解説した。ハザードマップの活用や、家族間の安否確認方法の重要性を訴えた。

宮古島で想定される地震として、陸域の浅い地震(宮古島断層地震)の可能性を挙げた。震源に近い一部の地域は震度7が想定されることを説明した。

仲地さんは、地震・津波に対する防災対策について講話した。津波避難時の心得として▽揺れが収まったら警報・注意報を待たずにすぐ避難▽情報の収集は安全な場所に移動してから▽警報が解除されるまで避難を続ける-などを挙げた。

主催者あいさつで宮平部長は「地震や津波に対する防災意識が低いことに危機感を感じている。何か起こった時に迅速に動けるように、防災意識を高めよう」と呼び掛けた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!