12/01
2022
Thu
旧暦:11月8日 赤口 戊 
政治・行政
2022年9月30日(金)8:59

保守心和会が一転、存続/市議会

中立立場で座喜味市政支持/与党7、野党12、中立5人に

 

今後の与野党勢力図の見込み

参院選、知事選を経て与野党構成が変化する転換期となった市議会の9月定例会。29日の最終本会議終了後、これまで与党の立場を取っていた「保守心和会」の解散の動きに注目が集まっていたが、一転して会派としては存続し、中立の立場で従来通り座喜味一幸市政を支えていくことでまとまった。これで与党は7人、中立5人、野党12人の構図となった。

同会派の構成メンバーは、代表の上地堅司氏のほか、西里芳明氏と仲間誉人氏の3人。当初は、上地氏が与党に残り、他の2氏は中立の立場を取るものと見られていた。

会派存続の判断について、上地氏は「これまで与党の立場で市長を支えてきたが、いろいろと難しい部分も出てきた。会派として3人が分かれるよりも中立の立場で座喜味市長を支える方が動きやすいとの判断になった」と説明した。

話し合いでは、与党の革新勢力とは一定の距離を置きながらも、中立の立場で座喜味市長を支える動きを継続することとなったようだ。

革新勢力と一部保守勢力で構成する座喜味市長を支える与党の「ワンチームみゃーく」は、参議院選、知事選挙における足並みの乱れも影響して、選挙後は内部で不協和音が生じていた。

座喜味市政としては与党がわずか7人となったが、同会派の3人がこれまで通りの姿勢を維持することで、結束力は弱まりながらも従来通りの勢力を維持できた。

しかし、内部に残る不協和音もあり、今後の動きも予測しづらい状況となっている。

一方で、29日に行われた最終本会議の補正予算案をめぐる与野党の攻防戦では、中立会派の「市民創会」(2人)がキャスチングボートを握ったこともあり、今後は中立の立場を取る5人の動きに注目が集まりそうだ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!