06/17
2024
Mon
旧暦:5月11日 先負 辛 
イベント
2022年10月25日(火)8:59

民謡や舞踊などで魅了/市民文化祭「芸能祭」

3年ぶりに宮古芸能堪能/14団体が多彩な演目披露

 

3年ぶりの芸能祭は「とうがにあやぐ」で幕を開けた=23日、マティダ市民劇場

3年ぶりの芸能祭は「とうがにあやぐ」で幕を開けた=23日、マティダ市民劇場

「揃(スゥル)い響(トゥユ)まし」をテーマに第17回市民総合文化祭「芸能祭」(主催・市、市教育委員会、市文化協会)が23日、マティダ市民劇場で開催された。舞台には14団体、約160人が出演し、宮古民謡や琉舞、エイサーなど多彩な演目を繰り広げた。新型コロナウイルス感染症の影響で2回中止を余儀なくされ、今回は3年ぶりの開催で出演者、観客ともに芸能祭の雰囲気に浸っていた。

 

文化協会の饒平名和枝会長は「市民文化祭が3年ぶりに開かれ、うれしく思う。芸能部会もコロナの影響で本来の活動が制限されていたが、困難を乗り越え研さんを積んだ舞台はこれまで以上に華やかなうたげが繰り広げられると期待している。宮古の多種多様な芸能を楽しみ心豊かな時間を過ごしてほしい」とあいさつした。

文化協会芸能部会には31団体が所属しているが、今回から出演団体を約半数にして、隔年で出演する方針に変更した。

宮古民謡保存協会、宮古民謡協会の唄・三線、踊り、琴、太鼓で舞台が幕開けした。「とうがにあやぐ」と「大世栄(ウプユウパイ)」を踊り手が格調高く舞い、客席から大きな拍手が起こった。

次々と、繰り広げられる出演者の日ごろ修練した歌や三線、舞踊などが観客を魅了した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!