05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
政治・行政
2022年10月25日(火)9:00

非課税世帯 5万円給付の予算可決/市議会臨時会

価格高騰への支援策/総額5億円、9600世帯対象

 

住民税非課税世帯等に対して1世帯当たり5万円の緊急支援給付金を支給する予算案は全会一致で可決した=24日、市議会議場

住民税非課税世帯等に対して1世帯当たり5万円の緊急支援給付金を支給する予算案は全会一致で可決した=24日、市議会議場

市議会(上地廣敏議長)臨時会が24日に開催された。電力、ガス、食料品などの価格高騰に対する支援として4億9850万円を盛り込んだ2022年度一般会計補正予算案を座喜味一幸市長が提案し、全会一致で可決した。市は11月末までに対象約9600世帯(住民税非課税9500世帯、家計急変100世帯)に通知する予定で、早ければ12月中旬頃から順次給付が始まる予定。

同給付金は22年9月に物価高の影響に対する国の新たな経済対策の一部として発表。住民税非課税世帯等に対して1世帯当たり5万円の緊急支援給付金を支給する。

対象世帯は、21年度の所得申告に基づき、非課税世帯と判定された世帯となっている。住民税が非課税になるのは▽生活保護(生活扶助)を受けている▽障がい者、未成年者、寡婦、ひとり親で、前年の所得が135万円以下▽前年の所得が自治体ごとの基準より少ないーなどいずれかに当てはまる人などとなっている。

非課税世帯の対象世帯は市が税情報で抽出し、申請に必要な書類(確認書)を送付。この確認書を返送することで、支給を受けることができる。自身で手続きをしなくても市から確認書が送付される。プッシュ型だが原則として、支給には確認書の返送が必要。一方、家計急変世帯は22年1月以降から12月31日までに非課税相当の収入になった世帯で、本人の申請が必要となる。

提出期限は23年1月31日までで、給付までのスケジュールは確認書が市へ届いてから約3週間を見込んでいる。

質疑で前里光健氏は「家計急変世帯を100世帯見込んでいるとの説明だが、自分が基準に合っているのかはどこに問い合わせるのか。また、プッシュ型となっており、返信が早い人だといつごろから給付が可能か」と質問。

仲宗根美佐子福祉部長は「11月下旬から確認書を送付するため、そこから3週間程度かかるため、12月中旬から下旬に給付できると思う。家計急変世帯に該当するかについては庁内の事務局で行う」と答えた。

今回の補正予算案の総額は、4億9854万6000円となり、2022年度の補正後における予算額は397億6449万8000円となる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!