04/25
2024
Thu
旧暦:3月16日 赤口 戊 
イベント
2022年11月8日(火)8:59

地域継承の演目など一堂に/宮古芸能フェス

各団体が踊りや演奏披露/27年ぶりに宮古で八月踊り

 

宮古島では約27年ぶりに演じられた多良間の八月踊り、塩川字の「長寿の大主」=6日、マティダ市民劇場

宮古島では約27年ぶりに演じられた多良間の八月踊り、塩川字の「長寿の大主」=6日、マティダ市民劇場

「美ら島おきなわ文化祭2022」の沖縄文化発信事業「宮古芸能フェスティバル」(主催・同実行委員会)が6日、マティダ市民劇場で開催された。宮古圏域の伝統芸能など13演目が次々に披露された。多良間村塩川字会による八月踊り「長寿の大主」は、約27年ぶりに宮古島で演じられた。会場には多くの市民が集まり、地域に継承されている伝統芸能を堪能した。

同フェスのテーマは「ニガイ(願い) この島の先人の想い 未来へ」。宮古圏域の精神文化を再認識し、次世代へとつなげていく機会とすることなどを目的に実施された。

関係団体が多数参加してクイチャーや三線、獅子舞、棒踊り、ヨーンシーなど多彩な演目を繰り広げた。

幕開けは市文化協会副会長の砂川春美さんによる「ニガイ」。宮古方言で大会の成功と関係者の健康などを願った。

「漲水ぬクイチャー」では、開始前に保存会が踊りの指導を行い、演奏が始まるとステージと客席が一体となっていた。

多良間の八月踊りは、新型コロナウイルスの影響で奉納余興が3年連続で中止となっており、塩川字会としても久々の舞台となった。

トークコーナーでは與那城美和さん、桃原薫さん、佐渡山武士さんがパネラーとして登壇し、「ニガイと宮古圏域の芸能~『継ぐ』を考える~」をテーマに意見を交わした。

交流実演として、金武町並里区伝統芸能保存会が「金武町の棒かじゃで風」などを披露した。

イベントの様子は、動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信された。

主催者あいさつで玉城デニー知事(代読・照屋義実副知事)は「この機会に沖縄文化の魅力を存分に堪能し、多彩な文化芸術に触れて感動と喜びを分かち合っていただきたい」と述べた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!