11/28
2022
Mon
旧暦:11月5日 先負 乙 
イベント
2022年11月8日(火)8:59

地域継承の演目など一堂に/宮古芸能フェス

各団体が踊りや演奏披露/27年ぶりに宮古で八月踊り

 

宮古島では約27年ぶりに演じられた多良間の八月踊り、塩川字の「長寿の大主」=6日、マティダ市民劇場

宮古島では約27年ぶりに演じられた多良間の八月踊り、塩川字の「長寿の大主」=6日、マティダ市民劇場

「美ら島おきなわ文化祭2022」の沖縄文化発信事業「宮古芸能フェスティバル」(主催・同実行委員会)が6日、マティダ市民劇場で開催された。宮古圏域の伝統芸能など13演目が次々に披露された。多良間村塩川字会による八月踊り「長寿の大主」は、約27年ぶりに宮古島で演じられた。会場には多くの市民が集まり、地域に継承されている伝統芸能を堪能した。

同フェスのテーマは「ニガイ(願い) この島の先人の想い 未来へ」。宮古圏域の精神文化を再認識し、次世代へとつなげていく機会とすることなどを目的に実施された。

関係団体が多数参加してクイチャーや三線、獅子舞、棒踊り、ヨーンシーなど多彩な演目を繰り広げた。

幕開けは市文化協会副会長の砂川春美さんによる「ニガイ」。宮古方言で大会の成功と関係者の健康などを願った。

「漲水ぬクイチャー」では、開始前に保存会が踊りの指導を行い、演奏が始まるとステージと客席が一体となっていた。

多良間の八月踊りは、新型コロナウイルスの影響で奉納余興が3年連続で中止となっており、塩川字会としても久々の舞台となった。

トークコーナーでは與那城美和さん、桃原薫さん、佐渡山武士さんがパネラーとして登壇し、「ニガイと宮古圏域の芸能~『継ぐ』を考える~」をテーマに意見を交わした。

交流実演として、金武町並里区伝統芸能保存会が「金武町の棒かじゃで風」などを披露した。

イベントの様子は、動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信された。

主催者あいさつで玉城デニー知事(代読・照屋義実副知事)は「この機会に沖縄文化の魅力を存分に堪能し、多彩な文化芸術に触れて感動と喜びを分かち合っていただきたい」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!