06/17
2024
Mon
旧暦:5月11日 先負 辛 
教育・文化
2022年11月15日(火)8:59

共生社会へ思い共有/美ら島おきなわ文化祭

4人が実現向け提言/「アートがつなぐ」テーマに

 

(左から)川満敏昭さん、永井則行さん、新城由喜恵さん、下地暁さん

(左から)川満敏昭さん、永井則行さん、新城由喜恵さん、下地暁さん

美ら島おきなわ文化祭2022の関連行事「ちむぐくる(真心)ゆい(結)フェスタ障がい者交流事業」が13日、JTAドーム宮古島で行われた。「アートがつなぐ人と人~障がいのある人もない人も誰一人取り残さない共生社会に向けて~」をテーマに、4人が対談・座談会形式でそれぞれの経験を基に意見や提言を述べた。会場には多くの市民が訪れ、地域社会における共生の実現に向け、支援の必要性や自分に何ができるかを共に考えた。

出席者は▽アイランダーアーティストの下地暁さん▽ノーマライゼーションダンスクルーリバティー代表の新城由喜恵さん▽市視覚障害者福祉協会が行っている三線教室講師の永井則行さん▽市視覚障害者福祉協会長の川満敏昭さん―。

全盲の人を理解し曲づくりに向けてヘレン・ケラーの生涯をDVDで見たり、アイマスクを着用して疑似体験をしたりしたという下地さんは「健常者も障がい者もそれぞれの当事者になれない。でも思いを共有することはできる。出会う場所、環境づくりをすれば、共生社会の実現に向けおのずと道は開けてくるのではないか」と語った。

新城さんは、障がいのあるなしに関係なくダンスを教えているという。「障がいという言葉がある以上、何らかの違いはあると思う。皆一緒ではなく、違いは何かを知った上で互いに何ができるかを探し合いながら、それを音楽を通してやっていきたい」と話した。

永井さんは「三線を弾いたことも触ったこともない人は当然いる。要請があればそういった方たちにマンツーマンで教えたい。それは私が教えるという経験を積むことにもつながる」と述べた。

川満さんは「障がい者、健常者それぞれの立場で与える側、与えられる側の認識があると思う。それぞれの立場で互いに共生して生きていける社会、バリアのない社会が実現できれば」と語った。

4人のトークは手話通訳、UDトーク(音声認識で声を文字化)付きで行われた。宮古テレビアナウンサーの翁長瑠美さんが進行役を務めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!