12/04
2022
Sun
旧暦:11月11日 先負 辛 
教育・文化
2022年11月17日(木)8:59

市歌の方言版特訓中/西原コーラス「ゆりの会」

島言葉の魅力発信へ/20日お披露目向け総仕上げ

 

西原方言版市歌初めての発表に向けて最後の練習に挑む西原コーラスゆりの会のメンバー=15日、西原公民館

西原方言版市歌初めての発表に向けて最後の練習に挑む西原コーラスゆりの会のメンバー=15日、西原公民館

20日にマティダ市民劇場で開催される「美ら島おきなわ文化祭2022」の市独自事業「宮古の宝再発見みゃーくふつフェスタ」で、宮古島市歌~黎明(れいめい)の空に~」を西原の方言版で初めて披露する西原コーラス「ゆりの会」(仲間忠会長)のメンバーは15日、西原公民館で最後の練習を行った。メンバーたちは本番で、市歌の歌詞と島言葉の魅力を同時に発信しようと、真剣な表情で練習に取り組んだ。

市歌を西原の方言にしたのは、同会世話役の小川榮子さん。歌詞を方言にする際には実際に作詞を担当した砂川健次さんにも面談したという。

「砂川さんの歌詞には平良、城辺、下地、上野、伊良部それぞれの地域のことがしっかりと盛り込まれていて本当に感動したし、どうしてもこの歌詞を普及させたいと思った」と話した。

ゆりの会のメンバーは、3年前から方言市歌の練習に取り組み、その成果を学校などで発表する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で発表の場を失っていた。

ようやく発表の機会を得て、本番に向けた最後の練習となった15日には、市文化協会の饒平名和枝会長も激励に駆け付けた。

饒平名会長は「教員時代に西原の地域にはとてもお世話になった。素晴らしい取り組みであり、本番も楽しみにしている」と笑顔で話した。

仲間会長も「3年前から練習してきたので本番も大丈夫だと思う。メンバーも地域の方言で歌う方が歌いやすいといっている。他の地域でもそれぞれの方言で市歌を歌う機運が盛り上がればうれしいね」と話した。

最後の練習で、小川さんはメンバーに対して「歌詞の意味を知って、そして理解して歌うことで、その思いは伝わる。本番ではこれまでの練習の成果を披露しながら、この歌詞の素晴らしさを聞く人たちに感じさせよう」と呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!