06/13
2024
Thu
旧暦:5月7日 大安 丁 
産業・経済
2022年11月18日(金)8:59

2月に「みゃーく食材の日」

学校給食で地元産づくし/カレー、フライ、サラダ、ゼリー

 

地元産食材で学校給食を提供する「みゃーく食材の日」を設定することを確認した=17日、市役所

地元産食材で学校給食を提供する「みゃーく食材の日」を設定することを確認した=17日、市役所

市地産地消推進協議会が17日、市役所で開かれ、地元産づくしの材料を使った学校給食を来年2月17日に市内の全小中学校で提供する「みゃーく食材の日」を設けることを確認した。これまで給食のうち1品を地元食材で提供することはあったが米飯を除く全品を地元産で賄うのは初めての取り組み。

予定されている献立はトウガン、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、枝豆、豚挽き肉を使ったカレーライス。マグロのフライ。ゴーヤー、パパイア、ニンジンのサラダ。アロエベラのゼリー。

食材は野菜生産農家、JA、あたらす市場、伊良部漁協、皆愛野菜工房、ファインベジタ、しろう農園、宮古食肉センターから調達する。すべて市内にある事業所。教職員含め約5900食分を地元で調達する。

推進協議会では2021年度から学校給食に特化したプロジェクトチームを編成し地元農林水産物の活用に取り組んでおり、関係機関の連携で、地元食材の利用率は20年度の11・1%から21年度は17・6%になっている。今年度からスタートした市の「地産地消による地域内経済循環システム構築事業」では、26年度の地元食材利用率を26%まで持っていくことを目標としている。

「みゃーく食材の日」には食農教育として、地元産食材に関する生産者の思いや現場の様子を動画を配信することも計画している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!