12/04
2022
Sun
旧暦:11月11日 先負 辛 
産業・経済
2022年11月22日(火)8:59

ハーベスター値上げに助成を

農家の窮状訴え市長に要請/きび生産組合

 

座喜味市長にハーベスターの刈り取り料金値上げに対する助成を要請した5地域のさとうきび生産組合のメンバー=21日、市役所

座喜味市長にハーベスターの刈り取り料金値上げに対する助成を要請した5地域のさとうきび生産組合のメンバー=21日、市役所

平良、城辺、下地、上野、伊良部の5地区のさとうきび生産組合は21日、市役所に座喜味一幸市長を訪ねハーベスター刈り取り料金値上げに対する助成を要請した。これに対して座喜味市長は理解を示し、今後検討するとの見解を示した。

5地域の生産組合からの要請では、ウクライナ情勢などの影響で、燃料、肥料、農薬等の生産資材費が上昇し続けて生産コストが増加する中、追い打ちをかけるようにハーベスター刈り取り料金も改定されたことを説明。

その上で「現状では生産農家の収入が減少して生産意欲の低下を招いてしまう。このままではさらに農家経営は厳しくなり、キビ生産者の離農も懸念される。意欲と希望を持って生産し続けるためにも要請の趣旨を理解してもらいハーベスター収穫に係る料金について助成してほしい」と訴えた。

これに対して、座喜味市長は「市としては現在、農家の所得、手取り増加のためにいろいろ案件に取り組んでおり、できるだけ財政出動しようとの思いでいる」との考えを示した。

その上で「機械化が進んでその手数料を払っていくと農家の手取りは減る。構造的な部分も検討する必要がある。個別経営から地域営農などの形にすることなども課題。皆さんの知恵ももらいながら、要望の内容をしっかり受け止めて地域の糖業が振興できるよう市も前向きに頑張りたい」と述べた。

5地区の生産組合のメンバーはこの日、市議会の上地廣敏議長にも同様の要請を行い、サトウキビ農家の厳しい現状を訴えながら要請の趣旨に理解を求めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!