05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
社会・全般
2022年11月25日(金)8:59

堂安選手は伊良部島がルーツ/W杯サッカー

6月に来島、親戚と交流/祖父浦崎さん、孫の活躍に歓喜

 

堂安選手の祖父・浦崎一さん

堂安選手の祖父・浦崎一さん

サッカーワールドカップ(W杯)23日のドイツ戦で、反撃ののろしとなる1点目を決めた日本代表の堂安律選手(24)の祖父は伊良部長浜出身の浦崎一さん(79)=大阪市在住=だ。「律が同点ゴールを決めた時は何と言っていいか分からないくらいうれしかった」。試合後、伊良部の親戚や知人から「おめでとう」と祝福の電話が鳴りっぱなしだったという。堂安選手は今年6月に家族と来島し、親戚一同と三線を弾くなどして交流を深めた。

浦崎さんは高校卒業後に上京して就職。その後、兵庫県尼崎市に移り住んだ。結婚して二男一女を授かり、長女の息子が堂安選手だ。堂安選手は小学4年生の時に、兵庫県西宮市の強豪クラブ西宮SSに加入。FCバルセロナが好きで、土曜は早朝に放送されるスペインのリーグ戦を見てから、練習に参加していたという。

ジュニアユースからガンバ大阪に所属。18歳で海外に渡り、FCフローニンゲン(オランダ)に入団した。アルミニア・ビーレフェルト(ドイツ)などを経て、現在はドイツ・ブンデスリーガ・SCフライブルクに在籍している。

孫の活躍は自宅でテレビ観戦したという浦崎さんは、「次の試合にも出場できたら一生懸命頑張ってほしい。楽しみにしている」と語った。

堂安選手はドイツ戦の先発メンバーから外れたが、1点を追う後半途中からピッチに入った。

同点ゴールはその4分後。相手ゴールキーパーがはじいたボールを左足で振り抜いた。

大声援に包まれた試合後のインタビューでは「俺が決めるという気持ちで入ったし、俺しかいないという強い気持ちでピッチに入った。また一丸となって戦いたい。僕が日本サッカーを盛り上げるという気持ちでピッチに立っている。期待してほしい」と日本のファンに力強く呼び掛けた。

堂安選手の祖母・漢那道子さんと父親がきょうだいという久貝仁美さん=伊良部字伊良部=は、「ゴールの瞬間は大きな声で喜んだ。試合後は興奮してなかなか眠れなかった、たくさんの人から祝福の声をもらった。律は幸せ者だと思う」と話した。

今年6月には、家族で伊良部島に遊びに来て、親戚一同で楽しい時間を過ごしたという。久貝さんは「律は『次はワールドカップが夢だ』と言っていた。代表に選ばれた時は、親戚や周りのみんなで喜んだ」と笑顔だった。

久貝さんは大学生の頃、兵庫県尼崎市の道子さん宅に2年間居候した。堂安選手の母・美幸さんらとの親交も深く「仁美ねえねえ」と慕われたという。数日前には、美幸さんから「初戦に合わせて現地に出発する」と連絡が入り、「『気を付けて行ってきて。私の分も応援してきてね』と伝えた」という。

宮古サッカー協会の饒平名正会長は「最後まで諦めないという強い気持ちを持てば、良い結果が出るということを教えてもらった。宮古のサッカー少年たちにも大きな刺激と勇気を与えてくれた」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!