05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
教育・文化
2022年11月29日(火)8:59

島に根付く芸能披露/宮古の芸能選

宮古代表する家元ら出演

 

島に脈々と根付く芸能が披露された「宮古の芸能選」=27日、マティダ市民劇場

島に脈々と根付く芸能が披露された「宮古の芸能選」=27日、マティダ市民劇場

「宮古の芸能選~太平に踊ら(たいへいにぶどぅら)大世に舞ら(うぷゆうにもうら)」(主催・美ら島おきなわ文化祭2022宮古島市実行委員会)が27日、マティダ市民劇場で開催され、宮古を代表する家元による演舞や独創性あふれる踊り、歌など島に根付く芸能が披露され、会場に訪れた多くの観客を魅了した。

開催に当たり同実行委員会会長の座喜味一幸市長は「伝統文化を受け継ぎ、新しい文化を創造することは、次世代の文化振興の担い手を育てることになる。この舞台が未来の芸能文化を発展させる一助になることを期待している」とのあいさつを寄せた。

舞台は、幻想的な「雨乞いのあぁぐ」で幕開け。「神々の舞」では、二頭の獅子が躍動感あふれる舞で観客から拍手を受けた。

この日は、琉球舞踊穂花会・宮古舞踊んまてぃだの会、久田流家元・久田多嘉子舞踊研究所が演舞を披露。さらに、宮古島創作芸能団んきゃーんじゅくは独創性あふれる踊りを、與那城美和さんは美しい歌声で舞台を彩った。

伝統と新しい風が舞台で融合しながら、出演者が躍動する演出に観客も引き込まれ、島に根付く芸能の魅力を楽しんでいた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!