04/24
2024
Wed
旧暦:3月15日 大安 丁 
スポーツ
2022年12月3日(土)8:59

堂安活躍、宮古も大興奮/劇的同点弾に”ズミ”

未明の観戦、テレビにくぎ付け/W杯サッカー

 

日本対スペイン戦の後半、同点ゴールを決め喜ぶ堂安選手=1日、ドーハ(時事)

日本対スペイン戦の後半、同点ゴールを決め喜ぶ堂安選手=1日、ドーハ(時事)

またも空気をがらりと変えてみせた。後半開始から投入された堂安律選手だ。3分、相手GKにボールを蹴らせ、味方の選手が競ったこぼれ球を右サイドで収めた。日本時間の2日午前4時から行われたサッカーワールドカップ(W杯)カタール大会の日本対スペイン戦。堂安選手の劇的な同点弾は、祖父の出身地・伊良部島や各家庭、職場などで持ち切りだった。

伊良部字伊良部に住む堂安選手の祖母・漢那道子さんと父がきょうだいの久貝仁美さんは「日本代表の命運を決める試合で、ゴールを決められて本当に良かった」とほっとした様子。「(律の)兄2人に『宮古からみんなで応援しているよ』と伝えてもらった。けがをしないで、次の試合も律らしく頑張ってほしい」とエールを送った。

50代の男性会社員は、午前4時の試合開始と同時にテレビにくぎ付けだったという。「前半はスペインの攻撃だけが目立ち『やはりダメか』と思ったけど、後半に堂安選手が出てきた途端に流れが変わった」と興奮ぎみ。「祖父は伊良部島出身ということを聞いてから、今まで以上に応援に熱がこもった」と話した。

「寝不足だが、仕事にも頑張れる。同僚たちとも堂安選手の話題で盛り上がった」とうれしそうだった。

堂安選手は試合後のインタビューで「まだ歴史を塗り替えたわけじゃないが、大きな壁を乗り越えた。(同点ゴールは)あそこは俺のコース。絶対に打ってやると決めていた。これで初戦(ドイツ戦)が奇跡じゃなくて、必然で勝ったと思ってもらえる。きょうはみんなで喜んで、あすから切り替えたい」。チームが目標に掲げる8強入りを懸けた戦いへ意気込みを示した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!