06/23
2024
Sun
旧暦:5月17日 先負 丁 
イベント 産業・経済
2022年12月6日(火)9:00

来場者2日間で2万人超/宮古の産業まつり

んまむぬ杯「ビバ45°」栄冠/ちびっこカラオケは漢那兄弟V

 

「第6回宮古島んまむぬ杯」でグランプリに輝いたビバ。45の佐藤店長(右から3人目)=4日、JTAドーム宮古島

「第6回宮古島んまむぬ杯」でグランプリに輝いたビバ。45の佐藤店長(右から3人目)=4日、JTAドーム宮古島

第45回宮古の産業まつり(実行委主催)は最終日の4日、JTAドーム宮古島で島の特産品展示即売が行われ、大勢の人出でにぎわった。来場者が実食し投票でおいしい料理を決める「んまむぬ杯」、子供たちのカラオケ大会は盛り上がりをみせた。3年ぶりの開催で、実行委によると来場者は2日間で延べ2万人を超えた。

宮古島ならではの「B級グルメ」開発を目指すイベント「第6回宮古島んまむぬ杯(ふぁい)」(主催・宮古島調理師会、共催・りっぷる)は、ビバ。45の「宮古島産マグロのゴマ焼きタコス」がグランプリに輝いた。準グランプリはさんご家の「宮古島産マグロみそとチーズのトルティーヤ」、居酒屋あらだてぃキッチンの「宮古島産マグロレアカツ」、宮古島調理師会長賞にはビストロちぃぽっぽ、宮古島漁業協同組合長賞にはドンコリismがそれぞれ選ばれた。

予選は、43事業者が指定食材「宮古島産マグロ」を使った53品を1カ月間、各店で提供。LINEによる投票(有効投票数1041票)でランチ系、ディナー系各3品の計6品が選出された。

本選は産業まつり最終日に行われ、来場者先着100人に整理券(1000円)を販売し、実食後、投票用紙で「一番マグロが輝いている」品に印を付け投票してもらった。

グランプリに輝いたビバ。45の佐藤壮太店長は「宮古島産マグロのおいしさを伝えられるよう工夫した。店のメニューにも加えたい」喜びを話した。

子供たちがカラオケで歌う「のど自慢大会」には2歳から小学6年生までの10組が出演。思い思いの衣装とパフォーマンスで会場を沸かせた。

優勝したのは漢那仁君(伊良部島小6年)、諒君(同4年)の兄弟で、ねじり鉢巻き姿の兄仁君は鳥羽一郎の「鯱(しゃち)」を熱唱、弟諒君は大漁旗を振り、発泡スチロールで作ったという漁船から一本釣りでカツオを2匹、3匹と釣り上げる圧巻のパフォーマンスを披露し、会場から大きな拍手を受けた。

準優勝は伊佐向葵さん、審査員特別賞は加屋本真穂さんだった。

産業まつり実行委員会会長の根路銘康文宮古島商工会議所会頭は「んまむぬ杯」の表彰式で「長く開催できなかった産業まつりが盛況な形で実行され、各種イベントも併設できたことに喜びを感じている」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!