06/16
2024
Sun
旧暦:5月10日 友引 庚 
社会・全般
2022年12月13日(火)8:59

「国民の負託に応える」

開庁50周年で記念式典/空自分屯基地

 

宮古島分屯基地開庁50周年記念式典が開かれた=11日、上野野原

宮古島分屯基地開庁50周年記念式典が開かれた=11日、上野野原

航空自衛隊宮古島分屯基地の開庁50周年記念式典が11日、分屯基地内の体育館で開かれ、隊員や関係者が出席した。髙木寿宗司令は「訓練を怠ることなく任務を遂行し、国民の負託に応える。今後も地域に信頼される分屯基地を目指す」と式辞を述べた。

上野野原の同基地は本土復帰した1972年、米軍からレーダー監視任務を引継ぎ、開設された。

式辞で髙木司令は「宮古島分屯基地は航空自衛隊の最南端かつ最西端の基地として開設して以来、今年で50周年の節目の年を迎えた。日夜、領空の日本の主権を守るため、レーダーによる監視任務を粛々とこなしている」と述べた上で「わが国を取り巻く安全保障環境は、不透明、不確実さを増し、これまで以上に厳しい現実に直面している。とりわけ南西諸島は安全保障上、極めて重要な地域。わが国の周辺空域における昨年度のスクランブル発進は過去2番目に多い回数」と指摘した。

最後は「第一線にいるわれわれは引き続き厳正に運用していかなければならない。平素からの訓練を怠ることなく任務を遂行し、国民の負託に応えることを肝に銘じている。宮古島分屯基地は地域に支えられているという事を強く感じており、感謝の念に絶えない。これからも地域に信頼される分屯基地を目指していく」と決意を述べた。

伊川秀樹副市長は「宮古島分屯基地は領空侵犯行為の監視など、わが国の安全保障の重要な任務を担っている。また災害派遣や防災訓練への参加で、市民の安全安心な生活に大きく寄与している。今後も協力をお願いしたい」と祝辞を述べた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!