06/14
2024
Fri
旧暦:5月8日 赤口 戊 
教育・文化
2022年12月25日(日)9:00

103人の栄誉たたえる/市民文化祭児童・生徒の部

8部門の受賞者を表彰

 

市長賞、教育長賞を受賞した児童・生徒の皆さん=24日、市役所

市長賞、教育長賞を受賞した児童・生徒の皆さん=24日、市役所

第17回市民総合文化祭「児童・生徒の部」の表彰式が24日、市役所で行われた。書道や美術、文芸、自由研究など8部門で市長賞、教育長賞を受賞した103人に、賞状などが贈られた。児童生徒の栄誉をたたえるとともに、今後の活躍に期待を込めた。

今回の文化祭には、児童生徒から2528点の応募があり、509点が入賞した。この日はこのうち市長賞51人、教育長賞52人を表彰した。

主催者あいさつで座喜味一幸市長(代読・垣花和彦企画政策部長)は「コロナに負けることなく、素晴らしい作品を通じて自己表現されたことを心からたたえたい。皆さんが興味があることを通して日々の生活を楽しみ、ますます活躍されることを期待している」と語った。

大城裕子教育長は「表彰された皆さん、おめでとう。今後も得意分野を伸ばして市の文化活動に活躍してほしい。展示会に展示された作品から一人一人の個性と熱意が感じられ、感銘を受けた」と話した。

書道の部で市長賞を受賞した砂川満智佳さん(鏡原中2年)は「表彰式は緊張したが、賞状をもらうことで努力してきて良かったなと感じた。市長賞に選ばれてうれしかったので、また来年も頑張りたい」と感想を述べた。

今年の市民総合文化祭は「創造する市民の文化」をテーマに行われた。展示部門は10月29、30の両日に市未来創造センターで開催された。

新型コロナウイルスの影響によって、今回の総合文化祭は作品展が3年ぶり、表彰式が2年ぶりに開かれた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!