02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
イベント スポーツ
2023年1月17日(火)8:59

冷たい風雨も笑顔満開/第7回がんずうマラソン

最長21㌔は久保田さんV/3年ぶり開催に多数参加

 

ゴールの東平安名崎を目指し笑顔でジョギングを楽しむ参加親子ら=15日、東平安名崎

ゴールの東平安名崎を目指し笑顔でジョギングを楽しむ参加親子ら=15日、東平安名崎

「おそいあなたが主役です!」-。第7回東平安名崎がんずうマラソン(主催・城辺地区地域づくり協議会)が15日、東平安名崎をゴールとする城辺路で行われた。新型コロナウイルス感染症の影響で3年ぶりの開催となった今大会は、冷たい雨と風の中でのレースとなったが開催を待ちわびていた出場者が楽しい時間を過ごした。最長21㌔のAコースは宮古島市の久保田淳也さん(46)が優勝した。

マラソンのコースは四つあり、A21㌔、B10㌔、C5㌔、Dは2㌔。最長のAは砂川小学校を出発、Bは城辺陸上競技場、Cは保良公民館北側道路、Dは東平安名崎入口をスタートした。

参加者は、雨具と寒さ対策をした格好で、レースに挑み思い思いのペースで一路、東平安名崎を目指した。

親子連れの参加が多いDコースでは、手をつないで走る光景や、お母さんに抱っこされて笑顔になる子供、愛犬と一緒にゴールを目指す出場者もいた。

Aコース優勝の久保田さんは「優勝は狙っていなかったけど走っていてとても楽しかった。一応タイムを設定していたが、風がきつくて再度設定し直してうまく走れた」と喜んだ。

家族4人で参加した砂川碧音ちゃん(6)は「風が強かったけど一生懸命に走って楽しかった。幼稚園のお友達にも会えてうれしかった」と笑顔で話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!