05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
社会・全般
2017年6月17日(土)9:05

少女にみだらな行為/宮古島署巡査長

青少年育成条例違反容疑/簡裁で罰金刑、依願退職

 【那覇支社】県警は16日、当時17歳の少女に対し、18歳未満と知りながらみだらな行為をしたとして、宮古島署の巡査長(26)を県青少年保護育成条例違反の容疑で5月30日に那覇地方検察庁に書類送検したと発表した。巡査長は16日に那覇簡易裁判所で30万円の罰金刑が言い渡され、県警は停職1カ月の懲戒処分にした。巡査長は同日、罰金を納付し依願退職した。

 同署では3月にも男性巡査部長(39)が酒気帯び運転し、道路交通法違反容疑で検挙されている。

 県警監察課によると、巡査長は2月3日午後5時ごろから6日午後6時ごろまでの間、自分が住む市内のアパートで被害者が18歳に満たないことを知りながら、みだらな行為をした疑い。

 4月に被害者の関係者から通報があり、巡査長に確認したところ「間違いない」と容疑を認めたという。

 巡査長は昨年月に、少女が島外ナンバーのバイクに乗っていたため職務質問した。その後、市内の飲食店で少女と再会しその後、連絡を取り合っていたという。

 宮古島署の大城辰男署長は「誠に申し訳なく、被害者をはじめ県民の皆さまに深くおわび申し上げる」と謝罪。「今後一層、署員に対する指導、教養を徹底し、再発防止に全力を尽くしてまいります」とのコメントを発表した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!