04/16
2024
Tue
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
政治・行政
2017年6月20日(火)9:07

場所選定は防衛省/千代田への陸自計画

市長提案を否定/市議会6月定例会一般質問


下地市長らが答弁に立った市議会6月定例会一般質問4日目=19日、市議会議場

下地市長らが答弁に立った市議会6月定例会一般質問4日目=19日、市議会議場

 陸上自衛隊の配備が計画されている上野・野原の千代田カントリークラブについて、下地敏彦市長は19日、場所の選定はあくまで防衛省が行ったものであり、市長提案により決定したものではないとの見解を改めて示した。市議会6月定例会一般質問で石嶺香織氏への答弁で説明した。

 千代田カントリークラブへの陸自配備計画について石嶺氏は、下地市長が過去の議会答弁で自身が防衛省へ提案した旨の発言をしていたのではないかと質問。それに対し下地市長は、「沖縄防衛局から千代田を含め5カ所の提案があり、旧大福牧場が有力だが市長の意見を聞きたいととのことだったので、1カ所で配備するより分散して配備することで社会基盤の整備や経済関連の波及効果が大きいと判断をして、隊舎などは別の場所も検討してはどうかとの考えを述べた。それを受け防衛省が検討を行ったと推察する」と、あくまで分散配置を提案しただけで市長自身が千代田を提案したものではないと答弁した。

 石嶺氏は、千代田カントリークラブは防災機能を有する県立公園として整備する計画があったことを指摘。「公園を作りたいからそこ以外の場所を選んでと言うこともできた。あえて市長が個人的な理由で千代田を勧めたのではないか」と重ねて質問したが、それに対する下地市長の答弁はなかった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!