04/17
2024
Wed
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
教育・文化
2017年6月25日(日)9:03

7月30日に宮古で発表会/N・Sバレエアカデミー

長崎真湖さんが代表に


本社を訪問した左から長崎さん、木村さん、中尾さん=23日

本社を訪問した左から長崎さん、木村さん、中尾さん=23日

 N・Sバレエアカデミーの長崎真湖代表が23日、宮古毎日新聞社(平良覚社長)を訪れ、今年1月で同アカデミーの代表に就任したことと7月30日にマテイダ市民劇場で第2回N・Sバレエアカデミー宮古校「バレエへの誘い」を開催することを紹介した。同アカデミーは長崎佐世さんが長年指導してきたが、今年から娘の真湖さんに代表を譲った。県内で約150人の子どもたちが指導を受けており、宮古教室でも幼稚園から小学生人が週2回レッスンを積んでいる。



 真湖さんは、小学6年生の時、県の大会で優勝。中学生の時、アメリカ、スイス、モンゴル、中国と世界各地のバレエ団でレッスンを積み、歳でユースアメリカグランプリ大会に出場し優勝。その後、プロのダンサーとして世界的に活躍している。


 昨年、沖縄に戻り今年から県内の子どもたちを本格的に指導している。宮古教室でもレッスンを行い、宮古の子どもたちについて「素直で才能のある子が多い。もっとバレエ人口が増えるよう努力していく」と語った。


 本社では平良社長が対応、県内のバレエ界発展のため頑張ってほしいと激励した。


 7月30日の第2回「バレエへの誘い」では、宮古教室の子どもたちが「くるみ割り人形」を演じる。第2部は琉球を舞う~琉球クリエイティブバレエの世界と題して民謡やにぎやかな曲でバレエを踊ることになっている。


 宮古教室を手伝っている木村ひろみさん、中尾和美さんが同行した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!