04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2017年6月26日(月)9:02

ストレスと上手に付き合う/市自殺対策強化事業

仲本氏が認知行動療法を講演


講演を熱心に聞く参加者ら=25日、JTAドーム宮古島

講演を熱心に聞く参加者ら=25日、JTAドーム宮古島

 2017年度地域自殺対策強化事業として25日、「ストレスと上手に付き合おう~予防と回復のコツを学ぶ!~」(主催・宮古島市福祉部障がい福祉課)と題した講演会がJTAドーム宮古島で行われた。講師に前沖縄県立総合精神保健福祉センター長で、田崎病院の仲本晴男院長を迎え、約100人の参加者が、認知行動療法による、心の反応とストレスへの対処などを学んだ。

 仲本院長は「うつは心の習慣病で、認知行動療法を活用すると、心の習慣を改善できる」と説明し「行動の低下とうつ感情の悪化は密接な関係があるので、家にこもるとうつ状態は長引く。心配や悩む時間は10~30分以内に限定して、次の行動に移ることで、ネガティブ(否定的、後ろ向き)な考え方を修正できる」と述べた。さらに「楽しい行動とうつ感情の改善も密接な関係があり、楽しい活動を増やすと、回復が早くなる」と話した。

 仲本院長の講演に先立ち、宮古島市福祉部障がい福祉課の下地正通保健師が市の自殺の現状と同課の取り組みについて紹介した。

 2014年の自殺の状況は全国で2万5218人、県内は283人。宮古は12人で、人口10万人に対しては21・82%と、全国、県の自殺率を上回っていた。同課は自殺防止に向け▽うつ病▽アルコール▽思春期-の三つの分野で対策を実施し、16年の自殺者数が6人となったことなどを報告した。

 講演会に先立ち市福祉部の下地律子部長は「ストレス社会といわれる今日、この講演が、今後の生活で必ず役立つ、有意義なものとなることを願っている」とあいさつした。

 認知行動療法 認知は「現実の受け取り方」や「ものの見方」などで、その認知に働きかけて、心のストレスを軽くしていく治療法。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!