06/15
2024
Sat
旧暦:5月10日 友引 庚 
社会・全般
2017年7月7日(金)9:05

画集を全小中学校に贈呈/砂川泰彦さん

難病と向き合い自然描く


宮古地区の全小中学校に絵画集を贈呈した砂川さん(中央)と発行者の本村さん(右から2人目)=5日、北中

宮古地区の全小中学校に絵画集を贈呈した砂川さん(中央)と発行者の本村さん(右から2人目)=5日、北中

 砂川泰彦さん(60)=平良東仲宗根=は5日、趣味で続けている絵を一冊にまとめた画集100冊を宮古地区の全小中学校に贈呈した。砂川さんは、筋肉が硬直して運動障害などを起こす、パーキンソン病に似た症状を持つ。「一人でも多くの児童生徒が見てくれれば」と話した。

 画集には、昔の写真を忠実に模写した絵や、大神島、池間島などの自然豊かな海岸、新生通り、佐良浜港など郷愁を誘う風景など50点の水彩画が収められている。

 砂川さんは「病気のことで時には落ち込むこともあるが、絵を描くことで前向きな考え方ができる」と生きがいやリハビリにつなげているという。

 画集は、砂川さんの絵に魅せられたという本村昇盛さんが資金を提供し発行した。「感動的な絵を大勢の人に見てもらいたい」と動機を話し「砂川さんのような人が一人でも育ってくれれば」と話した。

 砂川さんは「宮古の自然を大事にしたいという思いで絵を描いている」と語った。

 北中で行われた贈呈式には、宮古地区中学校校長会の宮国敏弘会長(北中校長)、西里純二副会長(城辺中校長)、池城健研究部長が出席。宮国会長は「難病を乗り越え、特技を生かして人生を切り開いている」とたたえ、児童、生徒たちには「絵に込められているメッセージを受け止め、感性を磨いてほしい」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!