06/16
2024
Sun
旧暦:5月11日 先負 辛 
社会・全般
2017年7月15日(土)9:02

詐欺被害に遭わないで/社協城辺支所

高齢者対象に防止講話


交通安全や詐欺被害未然防止などの講話を熱心に聞く参加者ら=14日、社協城辺支所

交通安全や詐欺被害未然防止などの講話を熱心に聞く参加者ら=14日、社協城辺支所

宮古島市社会福祉協議会(社協)城辺支所(大城博紀支所長)で14日、城辺生きいきデイサービスの利用者20人を対象に、交通安全と詐欺被害未然防止などに関する講話が行われた。参加した高齢者は、正しい道路の横断方法や、還付金、架空請求やオレオレ詐欺被害未然防止のための注意点などを学んだ。

砂川駐在所の仲宗根将人巡査長は、沖縄本島で警察官を名乗る男からの電話で、約5000万円の詐欺被害が発生した事案を例に「還付金などで、公の機関が電話でATM(現金自動預け払い機)を操作してほしいということは絶対にないので、そのような電話が掛かってきたら、必ず誰かに相談するようにしてほしい」と呼び掛けた。

宮古島署交通課の伊藝智樹巡査部長は「道路を横断するときは、右左右左と2回見て、車が止まったことを確認して横断する。また、道路は斜めに横断しない」などと注意を呼び掛けた。

宮古島地区交通安全協会の砂川米子事務局長は「ビールの500㍉缶(アルコール度数5%)、350㍉の缶酎ハイ(同7%)や泡盛(同30%)100㍉は、アルコール1単位に当たり、これが抜ける(分解される)には約4時間かかる。翌日の行動をしっかり考えて、飲酒は適量にするよう、家族や子どもたちに話してほしい」と述べた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!