04/17
2024
Wed
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
政治・行政 社会・全般
2017年7月22日(土)9:04

市内5校にタブレット/宮古島市、ドコモ

ICT事業 9月開始


ICT事業の本格稼動を前に市長を表敬するNTTドコモの齋藤さん(左から2人目)ら=21日、市役所平良庁舎

ICT事業の本格稼動を前に市長を表敬するNTTドコモの齋藤さん(左から2人目)ら=21日、市役所平良庁舎

 宮古島市のICT(パソコン教室整備)事業で、9月から市内五つの小中学校にタブレット端末が導入される。NTTドコモの回線を利用し、Wi-Fi環境になくてもICTを活用することができる。授業の効率化と児童生徒のICTスキルアップを狙う。

 事業期間は5年。今年度は北、南、久松、城辺の各小学校と北中学校に導入する。予算は小学校に約8700万円、中学校に約2200万円を投じる。

 前年度は久松中に導入しており、生徒たちは積極的にタブレットを活用しているという。Wi-Fi環境になくてもネット接続(LTE回線を使用)が可能になるとあって、場所を選ばず情報交換や調べ物学習等で活用。体験学習や野外活動でも使用している。

 導入する端末は各校1学級分。担当教諭は画像や動画を使って分かりやすい授業を展開し、生徒は調べ学習やクラウド利用で情報を共有し、学びを深める。

 9月の本格稼働を前にNTTドコモの法人ビジネス本部第一法人営業部長の齋藤武さんらが21日、下地敏彦市長を表敬した。「宮古島市の取り組みは先進的で常に先頭を走っている。9月の本格稼働に向けて、万全な体制で当たりたい」などと協力姿勢を示した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!