04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
教育・文化
2017年7月26日(水)9:04

「学校経営に緊張感を」

体罰問題で臨時校長会 宮國教育長が訓話


臨時の校長会で再発防止を誓う各校の校長ら。右は宮國教育長=25日、市役所城辺庁舎

臨時の校長会で再発防止を誓う各校の校長ら。右は宮國教育長=25日、市役所城辺庁舎

 市内小学校の50代男性教諭が高学年の男子児童に体罰を与えた問題で、市教育委員会は25日、臨時の校長会を開いた。宮國博教育長が訓話し、「教員一人一人の資質が問われている。緊張感、危機感を持って学校経営に当たってほしい」と再発防止を強く訴えた。

 市立小、中学校の校長らが参加した。はじめに学校教育課による経過説明で体罰の内容を確認した。

 この後、宮國教育長が訓話を行った。「われわれ教育に携わる者には教育の成果が求められるが資質の問題が大きい」と指摘。「人間性、より良い人格の形成を先生方に求めたい。これがないと児童生徒や保護者の皆さんと信頼関係が築けない」と注意喚起した。

 その上で「そういうことを指導するのが校長先生の皆さんだ。日ごろの対話を大切にしてほしい」と強いリーダーシップを求めた。

 最後に「1人の失態が教育現場全体の信頼の低下を招く。重々肝に銘じていただきたい」と述べ、再発防止に向けて各校での取り組みを強化するよう促した。

 市教委によると、体罰は今月10日に発生。男性教諭は自らが担任を務める3学年の教室に被害児童を呼び出し、多くの児童の目の前で腹部を蹴り、数回ほおを平手打ちにした。

 体罰の理由は、部活の用具の後片付けをめぐる対応とみられるが、被害児童は無関係であったことが判明しており、教諭は自身の思い込みで暴行に及んだ。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!