04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
政治・行政
2017年7月27日(木)9:07

国交相が指定書交付/港湾整備

市長、受け入れ態勢構築に全力

 国土交通省は26日、国際クルーズ船の受け入れ拠点として、平良港など国内6港を指定した。石井啓一国交相が同日、各港湾を管理する自治体の首長らに指定書を手渡した。平良港では漲水地区の北防波堤に延長370㍍の岸壁が整備される。指定書を受け取った下地敏彦市長は「受け入れ態勢の構築に全力で取り組みたい」と意欲を示した。

 指定港は、平良のほか横浜、清水(静岡県)、佐世保(長崎県)、八代(熊本県)、本部(沖縄県)。

 拠点港の指定は、2020年に訪日クルーズ客を500万人に増やす政府目標の達成に向け、改正港湾法に基づいて設けられた制度だ。クルーズ会社が旅客ターミナルなどを造る代わりに岸壁の優先利用を港湾管理者の自治体が認める。

 平良港の整備は、今年度から19年度までの3カ年実施される。北防波堤の外側にクルーズ船用岸壁を延長370㍍、臨港道路延長約1・2㌔を整備する。20年4月に供用を開始する。

 整備にかかる総事業費は約90億円を見込み、うち5%程度を市が負担する。

 指定書交付後、石井国交相らとの懇談の中で下地市長は「港湾整備が急速に進むと思う。観光客に喜んでもらえるように整備していきたい」と語った。

 また、記者団とのやり取りでは、宮古島への観光客が100万人に達する可能性に触れながら、「そうするとだいたいオリンピックまでに万人くらいが利用することも想定しなければならない。そのための受け入れ態勢をしっかりやっていきたい」と述べた。

 課題の一つに2次交通を挙げ、「バスとタクシーをどうするか。そのための協議会をつくり、市内の循環のためのバス、タクシーをどうするかということを協議している」と述べ、島内交通の充実にも力を注ぐ考えを示した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!