05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
政治・行政
2017年7月27日(木)9:02

海保が合同潜水訓練/市消防

救助技術の向上図る


海の訓練から上がってきた参加者ら=26日、久松漁港

海の訓練から上がってきた参加者ら=26日、久松漁港

 宮古島市消防本部(来間克消防長)と宮古島海上保安部(久留利彦部長)は26日、平良の久松漁港で合同潜水訓練を実施した。参加者らは、連携強化と相互の救助技術の向上を図った。

 この訓練は、2010年2月に締結された「救助技術等に係る相互協力に関する覚書」に基づいて行われているもの。この日は午前と午後に分けて実施した。同本部から水難救助班12人、同保安部から潜水士4人の計16人が潜水訓練した。

 今回の訓練では▽慣水▽水中結索▽平行捜索-を展開した。ゴムボート2艇が使用された。

 年4回の合同訓練のうち、2回は潜水訓練、2回はレンジャー訓練を行っている。

 今後も迅速・的確に対応するため、合同訓練、情報交換するなど連携を強化する方針。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!