04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
教育・文化
2017年8月3日(木)9:03

沖縄本島で職場体験/多良間中2年生

壮行会開き激励


「グッジョブ」の掛け声に合わせ、全員でポーズを取る生徒と関係者ら=1日、那覇市内のホテル山の内

「グッジョブ」の掛け声に合わせ、全員でポーズを取る生徒と関係者ら=1日、那覇市内のホテル山の内

 【那覇支社】沖縄本島で2日から実施される「多良間中学校職場体験」の壮行会が1日、那覇市内のホテルで行われ、関係者らが2年生12人を激励した。

 職場体験は、今年度で3回目。県が若年者の雇用情勢の改善を目的に展開する「地域型就業意識向上支援事業」を活用している。2015年から村教育委員会を中心に産学官が連携する「多良間村グッジョブ地域連携協議会」が実施しており、島外での職場体験などを通した就業意識の向上を目指している。

 壮行会では、生徒を代表して宮國穂乃夏さんが「職場体験では、仕事をやり遂げる厳しさを学びたい。島ではできない体験をして、お世話になった方々や親に良い報告ができるように頑張りたい」と決意表明を行った。

 団長の安田一博教頭は「明るく元気なあいさつと返事で積極的に挑み、コミュニケーション能力を磨いてほしい」とあいさつ。県商工労働部の城間恒治主任は「仕事・働くとは何かについて学び、将来の仕事について考える機会にしてもらいたい」と述べた。

 村教育委員会の本村和也課長は「職場体験で得たことを自分の財産にして下さい。島の将来は皆さんにかかっている」と語りかけた。同村出身でNPO法人ふしゃぬふネットの長浜隆夫代表理事は「職業を選択するときには、自分が好きな仕事を選ぶことや、人の役に立ち喜ばれるかを考えてほしい」と激励の言葉を述べた。

 生徒たちは2、3日の両日、職場体験を受け入れた石橋工業、黒糖本舗垣乃花、新地開発、琉球エアコミューターなど、多良間村にない職種や村に関係のある企業を中心とする10事業所で実務などを体験し、働くことの意義や大切さを学習する。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!