04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
政治・行政
2017年8月4日(金)9:06

新庁舎は3階建てに/第3回策定委

保健センターを併設/基本構想案まとまる


総合庁舎を3階建てとすることをまとめた基本構想・基本計画策定委員会=3日、市役所平良庁舎

総合庁舎を3階建てとすることをまとめた基本構想・基本計画策定委員会=3日、市役所平良庁舎

 市総合庁舎整備事業基本構想・基本計画策定委員会(池田孝之会長)の第3回委員会が3日、市役所平良庁舎で行われ、2021年供用開始を目指す市総合庁舎は保健センターを併設した3階建てとすることを確認したほか、同事業の基本構想案もまとめ、基本理念については「結いの心をつなぎ市民に親しまれる総合庁舎」とした。

 新しい市総合庁舎の建設地については、消防本部北側の国有地とすることがすでに決定しており、市は9月議会に庁舎の位置変更を求める条例改正案を提出する予定だ。

 この日は、同敷地に建設する庁舎を何階建てにするのか、駐車場や市民広場の位置などについて協議した。

 担当課から示された案は、建設地に隣接する民有地をそのままにして3階建ての庁舎を建設する案と、民有地の譲渡を受けて、その場所も含めて3階建てとする案のほか、建物を5階建てとする案の合計3案が示された。

 協議の結果、民有地を含めた敷地に3階建ての庁舎を建設し、市民広場の位置などについては、市民にとってより利便性の良い配置となるよう今後、調整していくことを確認した。

 担当課によると、この土地所有者は譲渡に協力するとしており今後、譲渡に向けた交渉を進めていくとしている。

 総合庁舎の建物については、低層階は市民の利用頻度の高い部門を設置するほか、総合窓口の設置やバリアフリーの徹底、授乳室の設置など市民の利便性向上を図るとしている。

 中層階は、行政の中枢機能と防災機能を近接させ、平常時および緊急時の部署間連携の促進を図る。

 高層階は、議会関連の施設を集約し、効率化を図るとしている。

 今回まとまった基本構想案については後日、下地敏彦市長に報告される。

 総合庁舎整備事業は合併特例債を活用して建てる計画。特例債を活用できる期限は2020年度となっていることから、市は19年度に工事を着手し、20年度末に完成させ、21年度の供用開始を目指している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!