06/23
2024
Sun
旧暦:5月17日 先負 丁 
政治・行政
2017年8月13日(日)9:04

19日にビブリオサロン開催へ/市平良図書館北分館

紙芝居も披露


下地美穂さんが19日に手作り紙芝居「蛇と生き水」を披露する=12日、市平良図書館北分館

下地美穂さんが19日に手作り紙芝居「蛇と生き水」を披露する=12日、市平良図書館北分館

 市平良図書館北分館(狩俣明館長)は19日午前10時~午後0時までの間、第8回ビブリオサロン「『星空』に関するおはなし」を開催し、宮古島の民話をイメージした手作り紙芝居「蛇と生き水)」や絵本読み聞かせを行う。下地ひかるさんと下地美穂さんが12日、会見し、「宮古では民話の紙芝居は少ない。子供たちのためになると思う」と親子の来場を呼び掛けた。

 同分館によると、ビブリオサロンとは、図書館でカフェ感覚を体験してもらい、新図書館併設予定のカフェの雰囲気を想像し、職員も「図書館内にカフェがあるのはどういうことか」というイメージをつかむための企画。

 下地美穂さんは、ロシアの東洋学者・言語学者、ニコライ・A・ネフスキーが遺した作品からイメージを膨らませ、約1カ月かけて手作り紙芝居を製作した。

 ネフスキーは1926年、那覇へ向かう汽船の中で平良町出身(当時)の慶世村恒任から「月のアカリャザガマの話」について聞き書きした。

 その話によると、大昔、お月様とお天道様からアカリャザガマという男性は使われ、二つの桶を担いで地上に降りてきた。一つの桶には人間を若返らせる水、もう一つの桶には蛇に浴びせる死に水が入れてあった。男性は非常に疲れたので、道端に桶を下ろして小便をした。その隙にどこからとなく1匹の大蛇が現れ来て、若返り水をジャブジャブと浴びた-。

 問い合わせは、同館(電話72・2317)へ。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!