06/14
2024
Fri
旧暦:5月8日 赤口 戊 
教育・文化
2017年8月18日(金)9:04

新潟板倉区から児童来島/城辺でホームステイし交流


交流事業で来島した新潟県上越市板倉区の児童たち。後列は受け入れ先の城辺地区の子供たち=17日、城辺公民館

交流事業で来島した新潟県上越市板倉区の児童たち。後列は受け入れ先の城辺地区の子供たち=17日、城辺公民館

 新潟県上越市板倉区の児童8人が17日、城辺地区の児童との交流のため来島した。20日までの3泊4日の日程で、民家で宿泊しながら城辺の児童たちとの交流や海水浴、人頭税などの史跡見学で見聞を広める。児童たちは「島の特産物を学びたい」「島の人たちと仲良くなりたい」などと意気込みを語った。

 この交流事業は、人頭税の廃止に尽力した中村十作が板倉出身だったことがきっかけ。交流は今回で回目で、冬には城辺の児童たちが板倉を訪問し、スキーなどを楽しんでいる。

 城辺公民館で歓迎式が行われ、ホームステイ先の家族と互いに自己紹介や記念撮影で初対面の緊張をほぐした。

 交流団団長で上越市立宮嶋小の水越厚校長は「島を肌で感じ、驚きと感動の日になるだろう。期間中お世話になります」とあいさつした。

 宮國博教育長は「宮古の強い太陽を存分に味わってほしい。積極的に言葉を交わして交流を深めてほしい」と呼び掛けた。

 その上で、児童生徒数が年々減少している状況を挙げ「城辺地区だけで事業継続ができるか判断する時期にきている。中村十作氏を広く知ってもらうためには、市全体の交流事業として臨んだらどうかという話をしている」などと述べ、交流人員など事業の拡大について検討していることを明らかにした。

 山井慎之介君(豊原小6年)は「きれいな海で泳ぎたい」、坂口愛美さん(針小6年)は「おいしい物を食べたい」とそれぞれ笑顔だった。

 子供たちを受け入れる砂川多夢さん(34)は「互いの文化を学ぶことはとても大切なこと」、娘の美咲さん(西城小5年)は「一緒に花火をしたり、夕陽を見たりしたい」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!