06/14
2024
Fri
旧暦:5月8日 赤口 戊 
政治・行政
2017年8月23日(水)9:03

観光客、初の90万人突破/7月県内

45カ月連続で過去最高

 【那覇支社】県の文化観光スポーツ部は21日、7月の入域観光客数が90万7900人となり、7月として初めて90万人を突破したと発表した。好調な観光客数の推移を反映し、各月の入域客数は45カ月連続で過去最高を更新した。

 入域観光客数の内訳は、国内客が61万5200人で前年同月比4・5%増、外国客は29万2700人で同34・7%増となった。増加傾向を続ける外国客が占める割合は32・2%で、前年同月の26・9%から5・3ポイント増えた。

 同部は「国内客は、旅行会社や航空会社の販売強化、深夜便など航空路線の拡充が増加の要因。外国客も、台湾の台北や高雄と那覇を結ぶ航空路線の拡充があったほか、クルーズ船の寄港回数が増えたことが好調の理由」と分析している。

 国内客は、東京方面からが31万2600人(前年同月比2・9%増)で最も多く、次いで関西方面11万8600人(同0・9%増)、福岡方面7万6900人(同11・9%増)、名古屋方面5万800人(同5・8%増)、その他5万6300人(同11・7%増)となった。

 外国客の内訳は、台湾が9万2400人(同48・6%増)、韓国4万4300人(同17・2%増)、中国本土6万9500人(同25・7%増)、香港3万700人(同19・5%増)、アメリカ2700人(同28・6%増)、その他5万3100人(同55・3%増)だった。

 今後について同部は、本格的な夏休みシーズンに入り国内客の予約状況が好調なこと、外国客も旅行需要の増加が見込まれることから、好調に推移すると予測している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!