07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
教育・文化
2017年8月27日(日)9:04

勝連学さん県で1位/牛削蹄競技

九州へ宮古初の快挙/1級資格も取得、現役唯一


第1回沖縄地区牛削蹄競技大会で1位になった勝連学さん=9日、県南部家畜市場(県牛削蹄師会宮古支部写真提供)

第1回沖縄地区牛削蹄競技大会で1位になった勝連学さん=9日、県南部家畜市場(県牛削蹄師会宮古支部写真提供)

 第1回沖縄地区牛削蹄競技大会(主催・県牛削蹄師会)がこのほど、県南部家畜市場で行われ、勝連学さん(33)=城辺西西=が1位となる優秀賞に輝き、第40回九州・沖縄地区競技大会(9月1日、宮崎で開催)に、県代表として出場することが決まった。宮古地区からは初の快挙。今年6月には、宮古では数十年ぶりといわれる1級削蹄師を現役では唯一取得した。



 牛削蹄師は、牛の伸びた蹄(ひづめ)を削って形を整える。日本装蹄師会が認定する2級と1級があり、1級は2級の資格取得後4年以上を経過した人が対象。


 勝連さんは現在、1級の資格取得後9年以上を経過した後に試験が受けられる「指導級認定」に向け勉強中という。


 勝連さんは「優秀賞に選ばれたのは大変うれしい。これからも県削蹄師会宮古支部の技術向上のために、みんなと切磋琢磨しながら宮古の畜産農家に貢献していきたい」と喜びと抱負を語った。


 削蹄は、子牛と親牛の健康維持のためには、年2回が必要といわれている。削蹄することで、牛の立ち姿が良くなることから、競り市場では購買者に好影響を与えるほか、産地を支える重要なマナーと位置付けられている。


 宮古地区では削蹄率は低かったが、近年は生産農家の意識が高まり今年は約7割にまで向上した。


 ただ、削蹄率が向上する反面、削蹄師が足りなくなった。県牛削蹄師会宮古支部では、講習会と認定試験を宮古で開催し、削蹄師の数を増やしてきたが、今度は技術力の向上が課題となっていた。


 勝連さんの1級取得と県大会での1位は、宮古地区における削蹄師の技術力の高さを示したもので、同支部では「削蹄師を目指す人や、1級取得へ頑張っている人たちの大きな励みになる。宮古の畜産振興にもつなげていければ」と喜んでいる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!