09/25
2022
Sun
旧暦:8月30日 先勝 辛 
産業・経済
2017年10月18日(水)9:05

家畜輸送船「かりゆし」就航/琉球海運とJAおきなわ

宮古からの子牛輸送に威力発揮へ

 【那覇支社】JAおきなわと琉球海運、セリ牛事故共助積立金運営委員会などでつくる家畜海上輸送協議会(会長・大城勉JAおきなわ理事長)は17日、県内から全国へ子牛などを運ぶ家畜輸送船「かりゆし」(全長154・07㍍、9943㌧)を就航させた。総事業費は2億4840万円で、県の一括交付金「県畜産振興対策事業」を活用。長時間に及ぶ家畜輸送船の環境を整え、畜産振興のさらなる発展を目指す。

 海上家畜輸送は、これまで琉球海運の輸送船「にらいかない」(全長149・57㍍、5613㌧)が担ってきた。老朽化のため同船が11月に退船することに伴い、新たな輸送船を就航させた。

 かりゆしは、琉球海運の既存貨物船を家畜輸送に対応するように改造。輸送時の気温上昇を防ぐため通風機を15機と開閉扉を38個増設したほか、ミストを150個を設置し換気対策を充実させ、家畜の輸送環境を整えた。

 現在、県の子牛の出荷頭数は、鹿児島県、宮崎県、北海道に次ぐ全国4位で、年間約2万5000頭が鹿児島県を経由して全国に運ばれている。そのうち、宮古島・多良間村からは約5200頭を出荷している。

 大城勉理事長は、新輸送船の就航について「購買者の方々に健康な子牛を届けるために輸送環境を整えた。安全・安心を守り、さらなる畜産振興の発展を目指したい」と話していた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!