02/27
2024
Tue
旧暦:1月18日 赤口 辛 
産業・経済
2017年10月18日(水)9:05

家畜輸送船「かりゆし」就航/琉球海運とJAおきなわ

宮古からの子牛輸送に威力発揮へ

 【那覇支社】JAおきなわと琉球海運、セリ牛事故共助積立金運営委員会などでつくる家畜海上輸送協議会(会長・大城勉JAおきなわ理事長)は17日、県内から全国へ子牛などを運ぶ家畜輸送船「かりゆし」(全長154・07㍍、9943㌧)を就航させた。総事業費は2億4840万円で、県の一括交付金「県畜産振興対策事業」を活用。長時間に及ぶ家畜輸送船の環境を整え、畜産振興のさらなる発展を目指す。

 海上家畜輸送は、これまで琉球海運の輸送船「にらいかない」(全長149・57㍍、5613㌧)が担ってきた。老朽化のため同船が11月に退船することに伴い、新たな輸送船を就航させた。

 かりゆしは、琉球海運の既存貨物船を家畜輸送に対応するように改造。輸送時の気温上昇を防ぐため通風機を15機と開閉扉を38個増設したほか、ミストを150個を設置し換気対策を充実させ、家畜の輸送環境を整えた。

 現在、県の子牛の出荷頭数は、鹿児島県、宮崎県、北海道に次ぐ全国4位で、年間約2万5000頭が鹿児島県を経由して全国に運ばれている。そのうち、宮古島・多良間村からは約5200頭を出荷している。

 大城勉理事長は、新輸送船の就航について「購買者の方々に健康な子牛を届けるために輸送環境を整えた。安全・安心を守り、さらなる畜産振興の発展を目指したい」と話していた。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年2月22日(木)8:59
8:59

市に地域創生金賞/楽天トラベルアワード

市長「知名度さらに」/2宿泊施設も高評価   楽天グループが運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」はこのほど、国内の登録宿泊施設や自治体を表彰する「楽天トラベルアワード2023」を発表した。宮古島市が「楽天トラベル地域創生賞ゴールドアワード」を受賞…

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!