04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
教育・文化
2017年12月19日(火)8:58

北中吹奏楽部がW金賞/県アンサンブルコン

打楽器は県代表で九州へ


県アンサンブルコンテストの打楽器六重奏と金管八重奏で金賞を受賞した北中吹奏楽部のメンバー=17日、宮古空港

県アンサンブルコンテストの打楽器六重奏と金管八重奏で金賞を受賞した北中吹奏楽部のメンバー=17日、宮古空港

 第42回県アンサンブルコンテスト(主催・県吹奏楽連盟)は16、17日、うるま市民芸術劇場で行われ、北中学校(宮国敏弘校長)吹奏楽部の打楽器六重奏と、金管八重奏がそれぞれ金賞を受賞した。打楽器六重奏(平良彩貴、平良瞳来、國仲宝石、川満緒都、目取眞千華、長嶺ゆい)は県代表に選ばれ、九州大会(来年2月10日、佐賀県)への切符を手にした。

 メンバーは17日、保護者らが出迎える中、賞状とトロフィーを手に笑顔で帰島した。

 打楽器六重奏は2年連続の金賞で、リーダーの平良瞳来さん(2年)は「昨年は九州に行けなかった。今回はリベンジをしようと、昨年と同じ曲で臨んだ。レベルが上がってうれしい」と喜びを話し、「『金賞』と呼ばれた時は「みんなで『キャー』と叫びました」と笑顔を見せた。

 金管八重奏のリーダー砂川穂乃花さん(2年)は「最初は緊張して音も震えたが、その後は緊張が取れて悔いのない演奏ができた。皆さんの応援があって4年ぶりにダブルで金賞が取れた」と報告した。

 長濱靖顧問は「打楽器の一つの楽器は他校から借りて演奏した。金管のメンバーは、体調不良で変更も考えた。そういった中で部員はよく演奏してくれた」とたたえた。

 打楽器六重奏は「水面に射す紅き影の波紋」、金管八重奏は「パヴァーヌとダンス」をそれぞれ演奏した。

 コンテストは木管、金管、打楽器とそれぞれをミックスしたパートで審査が行われ、県内から計94校が出場した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!