01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
社会・全般
2017年12月26日(火)8:59

16年度受診者は3021人/夜間救急診療所運営委

さらなる連携強化確認


昨年度の実績などが報告された運営委員会=25日、宮古病院

昨年度の実績などが報告された運営委員会=25日、宮古病院

 2017年度宮古島市休日夜間救急診療所運営委員会が25日、宮古病院で開かれた。同診療所の16年度の受診者数は前年度比172人減の3021人だったことなどが報告された。また、下地睦夫宮古地区薬剤師会長、上地成人県看護協会宮古地区会長、山本一太宮古病院救急科医師の3人に委嘱状が交付された。

 冒頭のあいさつで下地敏彦市長は「同診療所と宮古病院がしっかり連携してくれて効果も出ている。皆さんの意見を聞きながら市としてもしっかりサポートしたい」と述べた。

 同診療所は宮古病院の新築移転に伴い旧診療所から年度に新宮古病院に併設する場所に移転。

 同年度の受診者数は4307人と前年度の2743人から急増。しかし14年度は3458人、15年度は3193人、16年度は3021人と減少傾向が続いている。

 16年度の受診者数を診療科目別に見ると、内科が最も多く2301人、次いで小児科が503人。月別では1月の436人が最多。次いで2月の366人となっている。

 委員会では、同診療所の藤川栄吉所長から宮古病院側との情報の共有や連携の強化などが呼び掛けられた。

 これに対して、委員長の本永英治院長も感染症などの情報を積極的に提供して、市民の健康増進に向けて連携を密にしながら取り組んでいくことを約束した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!