04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
スポーツ
2017年12月26日(火)8:56

宮工の川満・伊志嶺が優勝/県ボクシング選手権大会

第54回高校ボクシング選手権大会で優勝した川満克己(左)と伊志嶺大喜=25日、沖縄水産高校(糸満市)

第54回高校ボクシング選手権大会で優勝した川満克己(左)と伊志嶺大喜=25日、沖縄水産高校(糸満市)

 【那覇支社】第54回県高校ボクシング選手権大会(主催・県ボクシング連盟)決勝が25日、糸満市の沖縄水産高校で行われた。宮古工業高校から出場したバンタム級の川満克己(2年)と、ピン級の伊志嶺大喜(2年)が共に優勝を飾る活躍をみせた。

 バンタム級に出場した川満は、宮城葵(浦添1年)と対戦。序盤から終始相手を圧倒した川満が、力の差を見せつけ最後はコーナーに追い込み連打。1回1分39秒、RSC(審判が行う勝敗宣言)で快勝した。

 試合後、川満は「チャンスにまとめられる力が付いてきたと思う。上下の打ち分けができるように練習して、来年1月の九州新人大会では決勝まで勝ち進み、全国大会への出場権獲得を目指したい」と決意を新たにした。

 また、ピン級に出場した伊志嶺は、與那嶺諒(真和志1年)と対戦し、お互いに打ち合う激しい試合となったが、判定(5-0)で勝利し、初優勝に輝いた。

 伊志嶺は「最初から連打で倒そう思っていた。緊張して固くなり思うような試合はできなかったが、最終回は監督から『気持ちで行け』と言われ、全力で戦うことができた」と振り返った。自身初の優勝については「とてもうれしい。これからもっと力をつけてRSCで勝てるように頑張りたい」と意欲を語った。

 知念健次監督は、川満について「安心して見ていられる試合だった。課題は上下の打ち分け。九州新人大会では、攻める気持ちを忘れず戦ってほしい」と期待を述べた。伊志嶺に対しては「緊張していたが、彼が持っている力をすべて出し切り、よく頑張ったと思う」とたたえた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!