02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
スポーツ
2017年12月26日(火)8:56

宮工の川満・伊志嶺が優勝/県ボクシング選手権大会

第54回高校ボクシング選手権大会で優勝した川満克己(左)と伊志嶺大喜=25日、沖縄水産高校(糸満市)

第54回高校ボクシング選手権大会で優勝した川満克己(左)と伊志嶺大喜=25日、沖縄水産高校(糸満市)

 【那覇支社】第54回県高校ボクシング選手権大会(主催・県ボクシング連盟)決勝が25日、糸満市の沖縄水産高校で行われた。宮古工業高校から出場したバンタム級の川満克己(2年)と、ピン級の伊志嶺大喜(2年)が共に優勝を飾る活躍をみせた。

 バンタム級に出場した川満は、宮城葵(浦添1年)と対戦。序盤から終始相手を圧倒した川満が、力の差を見せつけ最後はコーナーに追い込み連打。1回1分39秒、RSC(審判が行う勝敗宣言)で快勝した。

 試合後、川満は「チャンスにまとめられる力が付いてきたと思う。上下の打ち分けができるように練習して、来年1月の九州新人大会では決勝まで勝ち進み、全国大会への出場権獲得を目指したい」と決意を新たにした。

 また、ピン級に出場した伊志嶺は、與那嶺諒(真和志1年)と対戦し、お互いに打ち合う激しい試合となったが、判定(5-0)で勝利し、初優勝に輝いた。

 伊志嶺は「最初から連打で倒そう思っていた。緊張して固くなり思うような試合はできなかったが、最終回は監督から『気持ちで行け』と言われ、全力で戦うことができた」と振り返った。自身初の優勝については「とてもうれしい。これからもっと力をつけてRSCで勝てるように頑張りたい」と意欲を語った。

 知念健次監督は、川満について「安心して見ていられる試合だった。課題は上下の打ち分け。九州新人大会では、攻める気持ちを忘れず戦ってほしい」と期待を述べた。伊志嶺に対しては「緊張していたが、彼が持っている力をすべて出し切り、よく頑張ったと思う」とたたえた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!