02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
産業・経済
2017年12月29日(金)8:58

佐良浜で450㌔水揚げ/冬の味覚、ウブシュウ

客のウブシュウ注文に応じる仲買人=28日、佐良浜地区

客のウブシュウ注文に応じる仲買人=28日、佐良浜地区

 宮古の冬の味覚、ウブシュウ(サバ科)450㌔が28日午前、佐良浜漁港に水揚げされ活気づいた。仲買人が全量引き取り、この日の午前中で完売した。

 水揚げしたのは伊良部漁協所属のカツオ一本釣り漁船「第五喜翁丸」(9・9㌧、漢那竜也船長ら乗組員4人)。第五喜翁丸は26日、ウブシュウ漁のため、佐良浜漁港から尖閣諸島の漁場へ出漁。荒波の中で操業し、28日早朝に戻った。ウブシュウ450㌔のほかに、ツムブリ(アジ科)700㌔も水揚げした。

 ウブシュウの重さは3~4㌔。消費者にはキロ当たり1000円で販売された。

 仲買人の1人は「今の時期のウブシュウは人気が高い。荒波にもまれたウブシュウは脂が乗り、おいしい」とアピールした。 

 ウブシュウ 和名スマの方言名がウブシュウ。カツオに似た体形。背側は青黒色で細い縞が多数あり、胸びれの下にある黒い点が特徴。最大で全長100㌢、重さ10㌔に成長するとされる。ツムブリは和名で、方言名はヤマトゥ・ナガユ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!