06/16
2024
Sun
旧暦:5月11日 先負 辛 
産業・経済
2018年1月19日(金)8:56

温度管理の徹底を/市マンゴー産地協

生産者が留意点を確認


マンゴーの管理作業を確認する生産者の皆さん=18日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

マンゴーの管理作業を確認する生産者の皆さん=18日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

 宮古地区マンゴー栽培講習会が18日、JAおきなわ宮古地区本部であり、生産者が花芽分化や病害虫防除の留意点を確認した。講師を務めたJA宮古地区営農振興センターの寄川真さんは「ビニール被覆後は(ハウス内の)温度や湿度管理の徹底を」と呼び掛けた。

 講習会は、市マンゴー産地協議会とJA地区営農振興センターが主催。多くの生産者が参加して栽培管理方法の共有に努めた。

 寄川さんは配布した管理作業用資料に沿って講話した。花芽分化期の管理とビニール被覆については「出蕾までは冬場の寒さと乾燥が必要」とした上で、「花芽を伸長させるにはビニールを被覆し、気温を上げるように」と助言した。

 被覆時期は「花芽出蕾が8割見られてから」などと推奨した。被覆後はハウス内が高温多湿になりやすいとし、「ハウスの開け閉め等による換気の実施が必要になる。常に気を配って良い花芽をつけよう」と栽培管理の徹底を求めた。

 出蕾後の管理は病害虫対策に細心の注意を払うよう促した。アザミウマ類やダニ類、軸腐れ病などを紹介し、「ビニールの被覆で温湿度が変わり、病害虫が住みやすい環境をつくることにもなる。予防、殺菌、殺虫作業を怠らないようにしてほしい」とした。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!